申請・手続き

書式第1号 選手登録区分申請書 サッカーPDFフットサルPDF

【説 明】
プロで登録する際、またはプロで登録していた選手がアマチュアへ区分変更する際に使用
・プロからアマチュアへの変更は、申請料(5,000円)
・プロ選手登録する場合は、年度ごとに申請(契約書写しと申請料10,000円)が必要
【チームの手続・注意】
先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
⇒本申請書に、所定の様式にて振込明細書を添えて、日本サッカー協会(以下JFA)へ提出
 写しを東京都サッカー協会(以下東京FA)へ提出
契約書(写し):Fリーグ所属チームは、Fリーグへ提出、その他はJFAへ提出

書式第3-1号 ユニフォーム広告掲示申請書 サッカーPDFフットサルPDF

【説 明】
ユニフォームに広告掲示する際に使用
サッカー用とフットサル、ビーチサッカー用あり
【チームの手続・注意】
ユニフォーム規程_blank」「ユニフォーム広告掲示申請手続き方法についてPDF」を確認し、必要事項を記入
掲示する広告の内容を詳細に記入するか、または資料を添付すること
※広告サイズの面積は、たて×よこ(長方形)で計算すること

掲示箇所1ヶ所につき、10,800円を添えて、東京FAへ提出
⇒記載内容を確認した上で、東京FAからJFAへ提出
JFAから承認回答書がチームへ送付される

書式第3-2号 ユニフォーム広告掲示申請書(クラブ用) サッカーPDFフットサルPDF

【説 明】
クラブ申請しているクラブで所属の複数チームがユニフォームに同じ広告を掲示する際に使用
【チームの手続・注意】
ユニフォーム規程_blank」「ユニフォーム広告掲示申請手続き方法についてPDF」を確認し、必要事項を記入
掲示する広告の詳細についての資料を添付すること
※広告サイズの面積は、たて×よこ(長方形)で計算すること

掲示箇所1ヶ所につき、10,800円を添えて、東京FAへ提出
⇒記載内容を確認した上で、東京FAからJFAへ提出
JFAから承認回答書がクラブへ送付される

書式第6号 国際移籍選手登録申請書 サッカーPDFフットサルPDF

【説 明】
海外から日本へ移籍する選手(日本国籍の際も含む)を登録する際に使用
【添付書類】
(1) 国際移籍証明書の写し(前所属サッカー協会発行のもの)
(2) パスポートの顔写真のページの写し
 (外国籍の場合は、在留資格が記載されている部分「上陸許可証印」も要添付)
(3) 外国籍の場合は、外国人登録証明書(両面)、在留カード(両面)、住民票、上陸許可証+査証のうち
     いずれかの写し
     日本国籍の場合は、住民票の写し
(※アマチュア選手で、在留資格が「短期滞在」の場合は、パスポートの「上陸許可証印」の写しにて代用可能)

【チームの手続・注意】
先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
※外国協会から国際移籍証明書を取り寄せる場合は、「国際移籍証明書発行申請書」(書式第9号)を使用すること

東京FAへ提出
⇒記載内容、添付書類を確認した上で、東京FAからJFAへ提出

書式第7号 外国籍選手登録申請書(外国で登録していなかった選手) サッカーPDFフットサルPDF

【説 明】
(1) 外国協会でサッカー選手として登録したことがない外国籍選手を登録する際に使用
(2)(3) 国籍区分を変更する際に使用
【添付書類】
(1)(2)の場合・・・在留カード(両面)写し、特別永住者証明書(両面)写し、住民票写し、
         外国人登録証明書(両面)写しのいずれか
(3)の場合    ・・・住民票の写しまたはパスポートの写し
【チームの手続・注意】
(1)の場合、選手本人の署名が必要
先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
東京FAへ提出
⇒記載内容、添付書類を確認した上で、東京FAからJFAへ提出

書式第8号 外国籍選手登録申請書(第76条に該当する選手) サッカーPDFフットサルPDF

【説 明】
外国籍扱いしない選手(JFA基本規程第76条に該当する選手)として登録する際に使用
正加盟チームで外国籍選手がすでに5名登録されている場合、以下の条件に該当する1名のみ外国籍扱いしない選手として登録可能

条件:日本で生まれていて、日本の学校で義務教育中または終了しているか、
   日本の高校または大学を卒業していること
【添付書類】
(1)在留カード(両面)写し(または住民票写し)、特別永住者証明書(両面)写し、
    外国人登録証明書(両面)写しのいずれか
(2)在学/卒業証明書
(3)自己出生地宣誓書
【チームの手続・注意】
先にWeb申請をした場合は、付与された受付整理番号を記入すること
東京FAへ提出
⇒記載内容、添付書類を確認した上で、東京FAからJFAへ提出

書式第9号 国際移籍証明書発行申請書 サッカーPDFフットサルPDF

【説 明】
選手が、①日本から海外に移籍する場合に国際移籍証明書の発行をJFAに依頼する際、
または、②海外から日本へ移籍する場合に外国協会から国際移籍証明書を取り寄せる際に使用
(ただし、日本から海外に移籍する場合には、外国協会から国際移籍証明書発行依頼が届いてからの申請となる)
【チームの手続・注意】
①の場合、登録抹消申請をすること ②の場合、振込明細書、選手経歴書・契約書(プロの場合)を添付
 1.日本から海外への移籍 申請料:不要
 2.海外から日本への移籍 申請料:10,000円+消費税
⇒本申請書をJFAへ提出、写しを東京FAへ提出
外国協会から国際移籍証明書が発行されたら、JFAからチームへ写しを送付
(登録するには別途書式第6号と添付書類の提出が必要です)

書式第12-1号 クラブ申請書 サッカーPDFフットサルPDF

【説 明】
クラブとして認可を受けるために申請

条件:同一都道府県協会の登録チームで構成されていること
   異なる種別の複数のチームで構成されていること(女子の場合は、種別区分が異なること)
   統一的な運営組織を持っていること
【チームの手続・注意】
東京FAへ提出
⇒記載内容を確認し、関係連盟へ確認をとり、東京FAで承認後、JFAへ提出
JFAから承認回答書がクラブへ送付される

海外遠征申請書 xlsファイルxls

【説 明】
JFA基本規程第134条に基づき海外遠征を申請する際に使用
※JFA基本規程第134条〔海外における競技〕
 加盟チーム又は選手が外国を訪問して競技を行おうとするときは、事前に本協会の承認を得なければならない
【チームの手続・注意】
海外遠征申請手続き方法についてPDF」を確認し、以下の書類(3点)を作成する
 (1) 申請書2枚
 (2) 参加者名簿
 (3) 日程表
出発する日の前々月の20日頃までに申請料(6,480円)を添えて、東京FAへ提出
⇒記載内容、添付書類を確認した上で、東京FAからJFAへ提出
JFA理事会で承認された後、JFAが遠征先協会にその旨の連絡を行い、東京FAに「海外遠征承認の回答」連絡が届く
⇒回答が届き次第、東京FAから申請チームに回答(写し)を郵送
 ※申請チームは海外遠征時に本回答(写し)を持参すること
遠征終了後、JFAより「遠征報告書」の提出を求められる場合あり(依頼がない限りは提出不要)

第4種(少年連盟)追加登録申請等FAX送信状 PDFファイルPDF

【説 明】
第4種において継続登録・新規登録以降の登録等を行う際に使用
(継続登録・新規登録の登録費は少年連盟各ブロックへ支払うが、継続登録・新規登録以降の登録費等は東京FAへ直接入金となるため必要)
【チームの手続・注意】
郵便局に備え付けの払込取扱票(白地に青線の枠)を使用し、見本PDFの通りにもれなく記入
郵便振込後、1週間以内に本FAX送信状にて振込受領証を東京FAへFAX送信
FAX送信後は東京FAに「FAX到着確認」の電話をし、
①第4種登録費振込FAX到着確認である旨、②ブロック、③チーム名 を伝えること
⇒少年連盟での承認後、約1〜2週間で選手証がチーム連絡先に発送される
選手証が発行されるまで受領証(控)は大切に保管すること
誤って振込された場合の返金対応不可